鎌倉シャツの肩周りが楽な理由


鎌倉シャツは、肩周りが非常に楽です。猫背になったりした時に背中がつっぱることもあまりありません。
 単純に後ろ身頃の幅が広いとか肩幅が大きく取ってあるのだろうと思っていました。しかしそうではありませんでした。
 いろんなシャツの寸法を測ってくらべていますが、さほど後ろ身頃が広く取ってあるわけではありません。肩幅も変わりません。驚いたことに私が持っているものすごくタイトなシャツ(きつすぎて頭痛になるくらいです)とほとんどサイズが変わらないのです。

 ではアームホールが大きくなっているのかと思いきやアームホールは小さいほうです。私が持っているワイシャツの中では一番小さいです。

 では何が違うのか?答えは袖にありました。
 鎌倉シャツは袖の取り付け角度が普通よりも上向き(水平に近い)になっています。こうすることで肩幅が広い人も肩が自然に袖のほうに入って後ろ身頃の生地をひっぱりません。
  通常の袖だと肩が広い場合に袖と肩の付け根のあたりで肩が引っかかり、背中の生地を外側に引っ張る力が加わります。さらに猫背になるとかなり背中の生地を引っ張ります。袖の取り付け角度が上向きになっているだけなのですが、これによりとても肩周りが楽になっています。

 通常、シャツを着ている人の腕は下に下がっているものですから、鎌倉シャツの場合二の腕から脇あたりに生地が余りがちになるのでダブついた印象になってしまいます。当初はアームホールが小さいのになんで余裕があるのか理解できませんでした。
 スリムフィットなのにスリムに感じないのはそういうところにあるのかもしれません。

 私の個人的な見解であり、間違いもあるかもしれません、