30年以上苦しんできた偏頭痛から解放してくれたたった一つの対策。

※この記事は作者の体験を元に書いているものです。この記事を真似て実践する場合は自己責任で行ってください。

 私は14歳くらいから頭痛に悩まされ、現在47歳。昨年、あることがきっかけで偏頭痛が激減したので、その方法を説明します。

 あまりもったいぶってもしょうがないので、書いてしまいますが、その方法は、眼鏡の「乱視の補正をゆるくする。(可能であれば乱視補正をやめる)」というものです。

 私は1年くらい前から視力回復を目指して「度のゆるい眼鏡」をかけて生活していました。この頃から偏頭痛の頻度が下がってきていて、このときは「眼鏡の近視の度がゆるいこと」で偏頭痛を抑えることが出来ているのかなと思っておりました。この頻度の低下もそれまでの生活からすると劇的と言っていいほど頭痛の頻度は減っていました。
 しかし、度数が低い眼鏡をかけていても偏頭痛が起こることはあったので、必ずしも度数が低い眼鏡で偏頭痛にならない。とは言えないと感じていました。
 そして、今から3ヶ月ほど前のこと。通販でメガネを買ったのですが、その通販会社では乱視の補正に対応しておらず乱視の補正なしのメガネを購入したのです。普段のメガネで乱視補正が1.5ほどあるので、最初はかなり見えにくかったのですが、数日もかけているとあるていど見慣れて、この眼鏡で生活できるようになりました。そして車に乗るときだけ乱視補正のメガネをかけていたのですが、このときに偏頭痛になるようになりました。それを何度か繰り返すうちに、偏頭痛になるときは必ず、乱視補正のメガネをかけた後であることに気づきました。

 今では確信しています。私の偏頭痛は乱視補正の入ったメガネが理由だったのだと。偏頭痛になりはじめたのが中学生のこと。おそらくその頃からメガネの補正に乱視の補正が入るようになったのだと思います。
 乱視補正のないメガネに慣れてしまい、乱視補正のあるメガネをかけると数分後には後頭部に違和感を感じるようになりました。これ以上この眼鏡をかけることは出来ないと判断し、乱視補正のゆるい眼鏡を作りました。乱視補正-0.5です。元々乱視補正右-1.5左-1.25のメガネをかけておりましたから、見え方は少しボケて(重なった感じ)います。車の運転に必要な視力で作ってもらいましたので、これで車の運転を行っています。
 眼鏡屋さんで「少し度をゆるくしてほしい」というと、乱視補正はしっかりと行った上で、近視の度数をゆるくする傾向にあるようです。特に何も言わなければ、そういう補正をすることが多いようです。ですので、メガネをかけていると頭痛になることが多いので、乱視の補正を少しゆるくしてください。とはっきり言いましょう。

 ここで私の偏頭痛について説明しておきます。もし、これらの症状が似ているのであれば、乱視補正のゆるい眼鏡で偏頭痛の頻度をへらすことができるかもしれません。

・偏頭痛になると完全に治るまで3日間痛みが続く。
・目の奥が痛くなる。
・ひどいときは、吐き気を催す。そして嘔吐することも。
・頭痛薬はほんの少し痛みが軽くなる程度しか効かない。
・肩こりから始まり、目の奥が痛くなる。
・二の腕のあたりに違和感を感じる。
・おでこの真ん中に温かいシャワーを当て続けると少し頭痛が楽になる。
・真夏の日差しが眩しいときに外で数時間過ごすと頭痛になる。
・晴れた日に車を長時間運転すると頭痛になる。

 今まで、様々な治療を試みました、漢方や顎関節症の治療も行いました。全く効果がなかったと思います。しかしメガネを変えることで激減しました。

 今は安い眼鏡屋さんもありますから、今かけているめがねを取っておいて、あたらしく乱視補正のゆるい眼鏡を買ってみたらどうでしょう。もし効果がないのであれば、その眼鏡をかけるのをやめればいいのです。漢方や病院での全く効果のない治療に十万円以上費やしてきた私にとっては安いメガネを買うことは全然苦になりません。

 もし、私と同様に偏頭痛が改善する方がいらっしゃれば嬉しく思います。
 偏頭痛は、辛いですよね。病院でもなかなか原因を突き止めてくれるところは少ないようですし。