PS4の本体の画像が公開されませんでした。もしや完全なクラウドシステムで本体は存在しないのでは?

 今日、PS4の情報が公開されました。とは言っても断片的なものでしたね。
 本体の画像が公表されなかったことが残念でしたね。

 【PS4発表】PS4“本体”の公開は今後におあずけ、SCE吉田氏がコメント – Game*Spark

発表会では、PS4本体そのものが公開されていないことに気付いた方も多いかもしれませんが、これについて海外版Kotakuの記者が、SCE Worldwide Studiosのプレシデント吉田修平氏に質問したところ、「なぜ気にするの?(笑)」という返事で、答えは得られなかったそうです。

 この記事を見て、閃いたのです。
 PS4は完全なクラウドのシステムなのではないか。ということです。PS3のゲームがクラウドで操作できるということなら、こちらから送られるゲームパッドの情報に対するレスポンスとして画像のデータを送ってくるまでのレイテンシーがほとんどないということです。それはすなわちPS4のゲームでも可能であるということです。

 そう、本体は存在しないのです。だから、今日、本体を発表することが出来なかった。
 「なぜ、気にするの?(笑)」という回答は「(存在しないものを)なぜ、気にするの?(笑)」という意味なのではないでしょうか?

 本体価格(操作するパッドだけですね)は1万円くらいで、あとはクラウドでゲームを買う。
 無料でも遊べるけど、順番待ちが発生して月額払ってれば、それがないとか。

 なんだかとても楽しみになって来ました。