コンビニのコーヒー対決

 最近、コンビニのコーヒーを立て続けに飲んでおります。
 缶コーヒーと比べれば雲泥の差でおいしいと思います。そもそもコーヒーというのは依存性のあるものだから、リピーターになる可能性が高い。コンビニとしてはお客さんを囲い込むのに最適の商品だと思います。
 今日、僕がローソンでコーヒーを頼んだ時も、スーツを着た中年の男性が僕の後でコーヒーを頼んでいました。僕も中年ですけどね。

 ファミマのコーヒーは焙煎がしっかりされていて、苦味中心の感じです。コーヒー単体では物足りなさもあるかもしれませんが、甘いお菓子やパンといっしょに飲むと非常に相性が良いように思います。セットで何かを買ってもらうという「方向性」がコーヒーの味にまで浸透している、よく考えられたコーヒーだなと思いました。焙煎が深いので多少安めの豆でもコーヒーとしての味に説得力がある。コーヒー豆はグアテマラ系かな(自分はそんなにコーヒーに詳しくはないので当てにしないでくださいね)。豆の価格がやすいからなのかSサイズ120円という値段設定が出来るというところまで、本当によく考えられていると思います。
 同じ店で、同じものを頼んでも、日によって味は違います。先日、ファミマで飲んだ時、ものすごく香りの良い日がありました。毎回この香りが出れば大ヒットなんだろう。そんな風に思いましたね。

 ローソンのコーヒーは「スタバ行かなくてもローソンで結構おいしいコーヒーがそこそこの値段で飲めるよ」というテーマに感じます。店員さんが入れて手渡しする。というスタイルもあくまで、スタバのようなコーヒーショップ風の雰囲気にしようという意図を感じますね。コーヒー豆も高級路線でブレンドの質に力を入れてる気がしますね。キャラメル風味を感じさせる甘いブラジル系(くり返しますが、詳しくないので、あてずっぽみたいなものです)のコーヒーを中心に、焙煎もさほどキツくなく、香りと味を楽しめる高級なコーヒーですよという主張があります。
 コーヒー単品で勝負してます。というスタイルでしょうね。

 で、次はセブンイレブンと行きたいのですが・・・・・セブン-イレブンは近くにないのです。車で2時間位のところにあるかな・・・・。