このガジェットで子供たちの目を守りたい(メガネの代替え製品の提案)

 私は小学6年生からメガネをかけています。裸眼視力は0.01程度、視力1.0程度の視力を得るためにはディオプター5.5(乱視補正あり)のメガネが必要です。
 恒常的に近くを見る習慣が視力を低下させたと思っています。その習慣を直すことなくメガネを掛けつづけたのですからどんどんメガネの度数は上がっていきました。もしあのときに眼鏡をかけなければ、ここまで視力が落ちることはなかったと思っています。最初にメガネを掛けたときの裸眼視力0.2程度のままでいられたのではないか。そう考えています。
 ここではなぜメガネをかけると近視が進んでいくかは書きませんが、メガネをかけなければ近視は進まないという「思想」のもと、子供たちがメガネを掛けずに生活できるようなガジェットを提案します。

 仮に「代替えメガネ」と呼びましょう。
 見た目はスマホそのものです。言ってしまえばスマホのカメラ機能に特化した製品です。
 どのボタンを押しても電源オンになります。すると瞬時にモニタにカメラ映像が表示されます。ズームボタンで拡大縮小ができます。この画面を通じて遠くのものを見ることが出来ます。スマホは手元にあるわけですから画面に映る遠くのものにピントをあわせて見ることが出来ます。現代の高解像度な画面であれば十分実用になると思います。
 freezeボタンを押すと画面を静止させることができます。いわゆる写真を写してそれを表示した状態になります。
 power offボタンで電源オフになります。
 スマホのアプリで再現できるじゃないか。と言われそうですが、それでは子供たちが学校に持ち込めないのです。授業中に使用できることがこの製品の一つの目的、設計思想です。

 学校に持ち込むためのポイントを挙げます。

・代替えメガネ機能以外はない。(時計すら不要と考えます。)
・専用設計のため他のアプリをインストールすることはできない。(ゲームができない)
・freezeボタンで画面を静止することはできるが、保存することは出来ない。(盗撮に使用できないという言い訳です。)
・通常のカメラではシャッター音を発生させる必要があるようですが、無音でフリーズできるようにする(授業中に音を発生させないため。保存ができないのでカメラではないというスタンスでシャッター音をさせない。)
・専用設計とすることで、できる限り瞬時に映像が表示されるようなシステムを目指してほしい。
・液晶のバックライトは暗くならないこと。(時間が経つと暗くなるようではイライラしますよね)
・タッチスクリーンではないので価格を抑えることができるかも。
・重さも抑えたい。

 視力0.2くらいなら普段の生活には困らないと思います。
 実際、生活をする中で0.7以上の視力が必要なのは、遠くの文字を読む必要がある(授業中に黒板を見る、車を運転する)ときだけで、意外とシチュエーションは限られているのです。(余談ですが、視力0.3くらいだと外を歩いていて他人の顔の見分けがつかないので、知り合いに声を掛けられるまでわからずにいて「お前、無視すんなよ」って言われたことがあります。でも、そんなの10年に1回あるかないかです。)
 以前ならテレビが見辛いなどの問題もありましたが、今の子供達はテレビを見ないですよね。
 なので、代替えメガネさえ持っていれば、メガネをかける必要はないのです。

 近視が進むと飛蚊症に悩むことになります。そのまま眼軸が伸びていくと網膜を圧迫して網膜剥離にもつながります。近視が進むことについて社会的な認知が「のんきすぎる」と思っています。
 私は30年以上原因不明の頭痛に悩んでおりました、つい最近になってメガネの乱視補正が原因であると思うようになりました。乱視補正のないメガネを掛けるようになってから頭痛が激減したからです。 
 日本人は欧米に比べ近視が多いと言われています。小学校のときにいいかげんな視力検査を行い、遠い黒板を見るためにメガネをかけさせる日本の学校の環境が近視を増やしていると思っています。大人が自分の判断でメガネをかける、かけないを決めるのは全く問題ないのですが、子供たちがいい加減な学校の視力検査でメガネを掛けさせられる現状はなんとか改善してほしいなと思っています。
 最近では欧米の人たちもスマホのせいか視力が落ち始めているとのこと。この「代替えメガネ」で世界中の人の視力を守りたいと考えます。

 さて、ここからは、趣向を変えて「代替えメガネ」の技術的な面について語ります。私はこういうインターフェースを考えるのが大好きなんです。私の作るアプリ(monochrome:目に優しいモノクロ(白黒)ブラウザ – Google Play のアプリ)を見ていただければよくわかると思いますが。

・操作ボタンについて
 親指が電源、フリーズボタン、人差し指と中指でズームを操作する持ち方になります。

 左右両手で使用できるように、ボタンが対象的に配置されています。
 こんなストーリーになります。
 手元に置いてある代替えメガネに手を伸ばす。もちろん右手でも左手でも構わない。本体を持つときにいずれかのボタンを押すと電源がオンになります。本体を持ち上げて目標物に本体を向ける頃には、電源が入りカメラも起動を完了しています。親指がフリーズボタン、人差し指と中指がズームボタンに自然と配置されます。ズームの倍率は前回の状態を覚えているので、しょっちゅう操作するものではありません。必要なときは親指でフリーズボタンを押すことができます。机に置いてから、power offボタンを押して電源をオフにする。一連の動作はすべて片手で行うよう設計されています。

 画像にはカメラを2つ搭載していますが、さほど意味はないです(笑)。私の実験によりますと、35mm換算で70mm程度の拡大率のレンズが必要なのかなと思います。通常のスマホのレンズでデジタルズームでは遠くのものを見るのに解像度が足りないと感じました。最近ではデュアルレンズのデジカメも増えていますので、まぁ、そのあたりを考慮してレンズを2つつけてみたという事です。中央に配置しているのはそのほうがカメラを向けやすいだろうということですが実装の技術的な都合は私にはわからないので、実際は端の方に設置することになるかもしれませんね。

 どうでしょうか。結構、世界的に需要のある製品ではないでしょうか。視力が落ちたらメガネをかける。という考え方を転換することのできるイノベーションと言えるものだと思います。価格的に2万円程度であれば、普通のメガネ1個の価格ですから十分メガネに対抗できると思います。メガネのように個人個人にカスタマイズしなくていいのも眼鏡より優れていると思います。