冬に足がかゆくなる人が注意するべき5つのポイント


 冬になると足がかゆくなる。という人いませんか。私がそうです。気がつくと足を掻いていてかさぶたができています。
 私のやっている痒み対策を紹介しますのでもし同様の症状で困っていらっしゃる方がいれば参考にしてください。

・かゆくなる理由

 冬にかゆくなるのは皮膚が乾燥するせいだと思い込んでいる人も多いと思います。テレビでCMをたくさんみるからでしょうか。私も長い間、肌の乾燥が痒みの原因だと思い込んでいました。しかし、私の場合は少し違っていたようです。
 冬に限りませんが、皮膚上に温度差が発生するとかゆくなる。というのが私の経験上の「痒みの原因」です。それを踏まえて、足がかゆくなる人が注意するべき5つのポイントを挙げて行きます。

1.風呂に浸かるときは足を出す。

 風呂に浸かるときは、湯船から上に足を出すようにして、足を温めないようにしましょう。ここで足を温めると「強烈な痒み」を感じるはずです。特に冷え性の方は足の中心部が冷えてしまってます。そこを外側から風呂のお湯が温めるのでそこに温度差が生じかゆくなります。その後お湯であったまった足は風呂から上がると、ポカポカになった足は空気で冷やされることで温度差が生じてまたかゆくなります。
 シャワーだけで終了がベストですが、風呂に浸かりたい人は足を湯船の外に出して浸かるようにしましょう。

girl_in_bath

2.風呂上がりには髪を乾かす

 風呂上がりにタオルドライの後、自然乾燥ではなくドライヤーで乾かすようにしましょう。髪の毛の水分で頭の皮膚が冷やされ、温度差が生じてかゆくなります。
 頭はかゆくなりやすいです。緊張したり恥ずかしくなったりするだけで頭の中の血行が急によくなって温度差が生じて頭がかゆくなる。というのもありますね。

3.裸足をやめる

 家にいるときでも裸足でいるのはやめましょう。靴下を履くようにしましょう。長めの靴下などを履くようにして皮膚が空気に触れないようにしましょう。

4.ストーブの近くに行かない。

 ストーブなどの暖房器具のそばに行くと、ストーブで熱せられる場所が急に暖かくなるので温度差が生じてかゆくなります。気を付けましょう。ストーブなどの暖房器具とはある程度、距離をとるように心がけましょう。

5.ヒザを曲げない。

 あぐらを組んだり、体育座りなどをしていると足の血行が悪くなります。とくにヒザの血行が悪くなるので、ひざの周辺がかゆくなります。椅子に座って足を組むくせのある人も気を付けましょう。椅子に座っているときもできるだけ膝が曲がらないように(膝を曲げないわけにはいきませんが)少し足を伸ばすよう意識しましょう。
 膝の周辺がかゆくなる人は、膝サポーターをするのもいいでしょう。
 (ミズノ)Mizuno ブレスサーモ 膝用サポーター (2枚) [UNISEX] 19SP393 09 ブラック F
(ミズノ)Mizuno ブレスサーモ 膝用サポーター (2枚) [UNISEX] 19SP393 09 ブラック F

・乾燥対策のためのベストチョイス

 皮膚の温度差による痒みの対策をまとめてみました。とはいえ冬に皮膚が乾燥するのも事実です。皮膚の乾燥対策には「ワセリン」がいいですね。

【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g
【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g

 乾燥対策でワセリンを塗る場合は、ワセリンを塗る前に水で皮膚を湿らせてから、その上にワセリンを塗ると保湿対策になります。
 ちなみに、風邪をひいて鼻水がたくさん出たあとなど鼻の中がひりひりするときに私はワセリンを鼻の中に塗ってます。これが対策として正しいかどうかはわかりませんが・・・・。