2017年現在、最も有効と思われる視力回復法 その1


 このエントリは医学的知識のない素人が妄想を並べているだけですので、内容に関して全くウソ・デタラメである可能性があります。内容を読んで真似しようという方は、ご自分の自己責任で行って下さい。
 
 ズバリ、現在、最も有効である(可能性のある)視力回復方法として、

・ルームグラス(=度が緩いメガネ)をかける。
・裸眼で太陽光を浴びる。(太陽を直接見てはいけません。外で過ごすという意味です。)

 この2つの方法を挙げたいと思います。

 度が緩い、と言っても視力0.6程度になるメガネでは意味がありません。視力で言うと0.2から0.3程度のもの。しかしランドルト環を利用した視力を基準にするのはあまり意味がありません。何センチ先まで見えるか、というのが大事です。自分が普段の生活の中でいちばんよく見ているものの距離(パソコンを使われる方は60cmくらい、本をよく読む人は30cmくらい、スマホをよく使う人は20cmくらい)がギリギリ見える(最も遠くを見ている状態になる)程度のメガネを作るんです。このメガネを使っている限り、眼軸はおそらく伸びません。だって、近くを見ないのだから。伸びないはずです。ということは、今以上に眼が悪くなることは無いのです。
 眼軸を伸ばさない(=眼軸を伸ばそうとする力を使わない)でいると、少しずつですが、前後に伸びた眼軸が短くなっていくというのを期待しています。

 度が緩いメガネを「ルームグラス(=部屋用メガネ)」と呼びましょう。

 しかし、眼鏡屋さんはこのルームグラスをなかなか作ってくれません。メガネ屋さんに相談すると、「ん・・・・」と店員さんの表情が曇ります。どこのメガネ屋さんでも同じです。なぜなんでしょう?この点はよくわかりません。後述しますが、度があっていないメガネを使っていると眼が悪くなる。という説に由来するのかもしれません。

 視力0.2のメガネじゃ生活できないよ。と思うかもしれません。これは私も、そう思ったのですが、びっくりするくらいにすぐに慣れます。私も30cm先が見えるルームグラスを作ったのですが、それを買った日に感じたのは「さすがに、このメガネでは生活できないな。パソコンを使うときだけ使う感じになるだろうな」というものでした。しかし1週間も使っていると、完全にメインのメガネになってしまいました。車を運転する時、テレビを見る時にだけ、0.7程度に矯正したメガネを掛けています。

 予想しなかった効果として、頭痛の頻度が減りました。目の疲れから、肩こりに移行しその後に頭痛になるという偏頭痛持ちなのですが、ルームグラスを常用するようになってから、頭痛の頻度が激減しました。

 このルームグラスの目的は「近くを見ない(=眼軸を伸ばさない)」であって、ルームメガネを使って遠くを見る(ぼやけた状態)ことは何の意味もないと思っています。
 ピントが合う、一番遠いところを見ることが大事です。目というのは一番力を抜いている状態で最も遠くが見えており、筋肉に力を加えることでより近くを見るというしくみになっています。その為、ピントが合っていない場合、ピントを合わせようとして、より近くを見ようとします。それは眼軸を伸ばす。ということです。度があっていないメガネを使っていると目が悪くなる。という話の根拠はこれだと思います。なので、外出するときなどは、遠くにピントが合う眼鏡をかけて下さい。

 

 さて、もう一点の「裸眼で太陽光を浴びるということ」ですが、

・目に光を入れないと目が悪くなるという言説。
・外で遊ぶ時間の長い子は視力がよい傾向があるというどこかで聞いた話。
・夏は視力が上がり、冬になると悪くなるという私の体験談。
・伊達メガネをかけると視力が低下するという噂
波長の短い紫色の光で近視の進行が止まる?慶応大が発見 | ハザードラボ

 これらの話から裸眼で太陽光を浴びる時間を作ることが必要であると思います。

 この2点が、現在、最も可能性が高く、実行が簡単な視力回復法だと思います。今やメガネ1個が5000円で買えるのですから、試してみる価値はあると思います。目が疲れないと言うだけでもものすごいメリットだと思いますよ。頭痛に悩んでいる人にも試してみてもらいたいと思います。もちろん人によっては視力が悪くなる可能性もあります。その時はルームグラスを使うのをやめればいいのです。それだけです。
 視力回復トレーニングは目が疲れるし眼に傷がつく可能性もあります。眼を動かすトレーニングをすると私の場合、結構、頭痛になります。
 実は、今日、ルームグラスを新調しました。現在使っている-4.5のルームグラスからから-3.25に度をゆるくしました。こんな感じで少しずつ度を緩めて、最終的には裸眼を目指していこうと思います。
 ただ、私の場合は視力回復なのか、老眼が進んでいるのか正直、わかりません。
 個人的にはルームグラスに変えてから、普段使っているメガネでの見え方があからさまに良くなっていると感じているので、効果があると考えています。

 私の他にもこの方法を実践された方がいらっしゃるようです。
視力回復メソッド実行中 – 《来客もてなしバイブル手帖》熊谷真由美のラクレムデクレム|東京ベイ〜記念日に手作り・6名さまに持ちより・誕生日の料理やお菓子!〜お客様おもてなし料理教室

 このルームグラスを利用する視力回復法で視力を回復できるのはせいぜい、0.2くらいまでだと考えています。これを視力1.0レベルにまで持っていこうとすると、遠視用メガネ(老眼鏡)を使うことになると思います。老眼鏡を使った視力回復法も検索するといくつか出てきますが、理屈は同じです。
 その程度までしか回復しないなら(メガネが必要なら)意味ないじゃん。と言われるかもしれませんが強度近視の場合は、眼軸が前後方向に伸びていることに由来する飛蚊症や網膜剥離などの危険性が高いと言われています。私も飛蚊症が少しずつ悪化している状況です。
 眼軸を伸ばさない、というのは視力だけでなく、網膜剥離のリスクを軽減するためにも有効だと思います。

 くり返しますが、私は医学的知識のない素人です。内容に関して全くウソ・デタラメである可能性があります。内容を読んで真似しようという方は、ご自分の自己責任で行って下さい。

2017年現在、最も有効と思われる視力回復法 その2 | グーパンチドットネット へ続きます。