2017年現在、最も有効と思われる視力回復法 その2


※このエントリは医学的知識のない素人が妄想を並べているだけですので、内容に関して全くウソ・デタラメである可能性があります。内容を読んで真似しようという方は、ご自分の自己責任で行って下さい。

 現在、私もルームグラス(=度が緩いメガネ)を使って視力回復に挑戦している最中ですので、視力回復の状況を時系列で書いてゆきます。どんどんと追記する予定です。

2017/4/16 ルームグラス(手元30cmまで見えるもの。左右とも-4.5)を購入。この時、両目とも裸眼で11cm先までしか見えない。

2017/4/24 休日などはルームグラスで1日過ごせるようになりました。(クルマに乗るときはよく見えるめがねに変えています)遠くもボケては居ますがなんとなく見えています。両目の焦点距離は11.5〜12cmといったところなので視力が上がっているわけではないと思います。PC画面を長時間見ても疲れないですね。但しスマホはだめです。すぐに目が疲れます。小さい文字を見ることに関しては焦点距離は関係ないのかもしれません。

2017/6/17 裸眼で見える距離はほとんど変わっていません。12cmから変わっていないようです。しかし、車で移動するとき以外は、ほぼ1日この眼鏡で過ごしています。PCを使ったり本を読んだりといったことが非常に楽です。

2017/8/27 4月に購入したルームグラスで、50cmくらいまではっきりと見えるようになりました。現在のルームグラスでは目に負担がかかり始めていると判断し、ルームグラスを追加注文(左右とも-3.25)。
 メガネ屋さんのカルテをチラ見したところ左右とも-6.5と書いてあったので、これが私の現在の完全矯正のディオプターだと思います。100/6.5=15.4cm先まで見えるということです。定規を使ってどこまで見えるか自分で測ると13cmくらいまでしか見えないのですが。乱視が入っているので、乱視を矯正すると15.4cm先まで見えるということだと思います。
 現在は順調に視力回復していると思います。4ヶ月で+1.25dメガネの度がゆるくなっているので、12月には-2.5d来年の4月には-1.25d、そして来年の8月には-0dになります。メガネを外せる状態になりますが私は乱視があるので、乱視だけのメガネが必要になります。乱視についてはルームメガネで治る根拠はないのですが、眼軸が短くなっていく時に運良く水晶体が正常な球体に近づいていけばあるいは乱視も治っていくかもしれません。
2017/9/4 昨日、新しいルームグラス(左右とも-3.25)を受取り、かけてみるも、今回は度を緩くしすぎたか?スマホを長時間見ていてもほとんど疲れないし本を読むにはちょうどよいけれどPCの画面は少しボケる感じ。今の時点ではこの眼鏡で生活するのは難しいかも。という印象だけれど、前回もそんな感じで2,3日後には慣れて常用していたと思う。
しかし、昨日1日かけていただけなんだけど、今日、車を運転する時にかけているメガネがものすごくくっきり見える。この車用メガネ(左-5.5右-5.25)は5年くらい前に買ったもので、左右のディオプターも違うしレンズを交換した方がいいと思う。でも、もし3ヶ月後に順調に視力が回復するとなると、前回のルームグラス(-4.5)で車を運転できるレベル(両眼で0.7以上)に達するかな。
2017/9/6 -3.25のルームグラスは「やり過ぎ」だったとちょっと後悔している。スマホを見る距離を意識して20cmくらい先が見えるものにしたんだけど、これはやり過ぎだった。20cmの距離で本を読むと、眼が疲れるんです。当たり前だ。寄り目で長時間ものを見ていると眼が疲れるということを全く想定できていなかった。-4.0くらいのもので良かったかもしれない。少しずつ変えていくべきだったと。ちょっと焦ってしまったな。ルームグラスを作るならあくまで30cm以上の距離で作るべきだと思い至った。スマホや本を近くで見すぎないこと。逆に言えば、自分はやたらと近くで物を見る癖があるようだ。ボーッとしながらノートPCの画面を見ているといつの間にか随分画面に近づいて画面を見ている。そういう生活習慣が私の眼を悪化させているのだろうな。