安いギターと高いギターって値段の違いほど変わらないんでしょ?


 全然音が違います。値段相応です。

 電気で音を出すのだから木材でそんなに音が変わるわけじゃないだろう。そんなに値段が変わるのおかしいのでは?と思う方もいらっしゃるかと思います。
 ギターの弦の小さな音を電気的なピックアップで拾うのですがその電気信号もかなり小さいものです。それをアンプを使って大きくします。小さい音であるノイズなども全部大きくなってしまいます。ほんの小さな木材の質による音の違いも大きくなります。
 結果的にちょっとした違いがもたらす小さな変化が大きな音になり、大きな変化をもたらします。中のケーブルを1本変えるだけで音が変わります。何もしなくても日によって音が変わる事もあります。
 不思議なもので高いギターはいい音がします。それはやはり「どうすればいい音になるのか」と試行錯誤を重ねられ、音を良くするための部品を使い、そのような加工を行っています。だから音がいいのです。はい、いい音がします。ジューシーな音だったり乾いた音だったりそれぞれ個性があって違う音なのですが、それぞれいい音がしますね。
 安いギターは、どうすればエレキギターとしての性能を落とさずに安く出来るかという目標で作っていると思います。結果的に例えばギブソンレスポールと木材の種類は全く同じだけど、いろんな部品や加工で安くする努力をしているようです。

 僕が弾いたことのある安ギターで気になったのは
 ・ペグ(弦を巻くところ)の性能が悪くてチューニングがいつまでも安定しない。
 ・木材がプライウッドでやたらとボディが鳴ることでそのぶんサスティーン(音の伸び)が少ない。
 ・ピックアップの音が悪い。なんとも安っぽい音でした。
 ・ネックがねじれてました。

 安ギターも安ギターとしての楽しみがあるのですが、これからギターを始める人にはおすすめできません。じゃぁ、どれくらいのグレードのギターを買えばいいの?という疑問が湧き上がると思います。予算がある限り高いものを買う。というのが定石です。しかしこれからギターを始める人は、途中で挫折するかも知れないものに高いお金は出せないと言う方もいるでしょう。そういう方に僕からアドバイスをしたいと思います。

 すごく大雑把な言い方ですが7−8万円でGibsonかFender(USAでもJapanでもよい)のギターを買うこと。形は好きなミュージシャンの持っている形でいいと思います。

 アンプはこれ。悩む必要ないです。家で練習するという意味ならこれでいいです。エフェクタを買うこと前提で。
VOX ヴォックス 10W コンパクト・ギター・アンプ Pathfinder 10
VOX ヴォックス 10W コンパクト・ギター・アンプ Pathfinder 10

 オーバードライブ、ディレイあたりを買えば10万円くらいですね。

 このクラスのギターならヤフオクの中古で半額程度(物によってはそれ以上)で売ることが出来ます。アンプやエフェクタも売ってしまえば、もし挫折しても5万円くらいの損失で済みますよ。
 5万円でも大きいというかも知れませんが、5万円の損を恐れるならギターを弾くのはやめたほうがいいと思います。少なくともこれから3年くらい毎日のようにギターを弾かなければ上手に弾けるようにはなりません。それだけの時間をギターに注ぎ込む情熱や時間の損失を考えれば5万円なんて小さなものです。
 逆に、ギターに情熱を注げるようになったとき、やはり2−3万円のギターでは物足りなくなり(実際7−8万円のギターでさえ物足りなくなると思います)すぐに新しいものを買うことになります。2−3万のギターは中古で売るにしてもあまり値段がつかないように思います。
 7−8万円のギターなら、ピックアップを交換するだけでも随分音を買えることが出来ます。楽器屋さんでピックアップを買って交換作業もしてもらえば2万円くらいで交換できます。
 7−8万円のギターならそれくらいの投資で随分よくなると思います。まぁその頃には20万円のギターを買ってるでしょうね。それくらいギターにのめり込めればですが。

 だから7−8万円のギターを買えばいいと思います。通販で買うよりは楽器屋で買いましょう。楽器屋で見た目もかっこいい気に入ったものを買いましょう。通販は安くて魅力的なのも事実ですが。

Gibson ギブソン エレキギター LPJ 2014 Chocolate Satin
Gibson ギブソン エレキギター LPJ 2014 Chocolate Satin

Fender Japan フェンダージャパン エレキギター TL62B 3TS
Fender Japan フェンダージャパン エレキギター TL62B 3TS

 まさにうってつけの動画があったので、リンクを貼っておきます。