ギブソン・レスポールとフェンダー・ストラトキャスター比較


 ギターを始める時にレスポールにするかストラトキャスターにするか?と悩む方も多いでしょう。ここでは私なりにストラトキャスターとレスポールの比較を行いますので参考にしていただければと思います。
 ギターは長く付き合っていくものです。恋愛と同じで「直感」も大事になります。出来れば楽器店に足を運び、気に入ったもの(もちろん見た目でもいい)を購入することをお勧めします。比較していたらなかなか決まらないのも恋愛と同じですね。

 ここで語るのは私の感覚です。鵜呑みにせず、参考にする程度にしてください。

 ストラトキャスターとレスポールが最も違うのは「サステイン」です。サステインとは音がどれくらい長く鳴っているかというものです。レスポールはサステインが長く、ストラトキャスターはレスポールに比べると短いです。
 曲の最後に「ジャーン」と鳴らしてミュートせずにいるとレスポールは延々と音が続きます。自分でミュートして音を切る必要があるくらい。ストラトであれば、まぁ、ある程度で音は小さくなって途切れます。
 コレにはいろんな要因があります。ここではボディ構造の違いから説明したいと思います。
 レスポールのボディはメイプルトップ、マホガニーバックというのが基本です。表面にメイプル、裏側にマホガニーという木材が使われています。表面に使われるメイプルという木材はとても固くて音を伝達しにくい木材です。レスポールという楽器は弦の振動を出来るだけ木材に伝えないようにという方針で作られています。弦振動のエネルギーを出来るだけボディに伝えないことで、長く弦が振動する=サステインが長くなるというわけです。
 そもそもボディーが振動するとハウリングが起きやすい為、レスポールの設計時に出来るだけボディを鳴らさないという方向性があったのだと思われます。音の伝達という意味ではボディ全体をメイプルにするとベストなのでしょうがそれではボディが重くなりすぎるため後ろにマホガニーが貼ってあります。コレにより適度な伝達が生まれレスポールの音になったのだと思います。
 ボディが鳴ることの一つの弊害として音詰まり、デッドポイントと呼ばれる現象があります。とある音程の音を弾くと他の音程に比べ早く音が減衰するという現象です。
 通常の音が 
 ポーーーーーーーーーーーン
という感じであれば、デッドポイントの音は 
 ポーーーーーーン
と短くなってしまいます。
 これは、ボディが共鳴することでその音を打ち消す音を鳴らしてしまい、音が減少してしまうのです。ノイズキャンセリングヘッドフォンがノイズを消す為に音を出しているのに似ています。(このへんの理屈の説明は自信ありませんので、興味のある方は他で調べてください)
 コレに比べるとストラトキャスターというのは、設計に関して音に対するこだわりはあまり感じられないです。コスト重視(製造過程の工夫)、新しい機能はとりあえずつけてみた的に行き当たりばったりなギターであると思います。ギターとしての完成度は全くレスポールのほうが上だったと思います。しかし、ストラトキャスターは「たまたま」発生したいろんな要因が音に反映され、偶然に面白いギターとなったように思います。
 テレキャスターとレスポールを比べるほうが両者の差はよく分かるのですが、ストラトキャスターはシンクロナイズド・トレモロを採用したことで、本当に面白いギターになっています。
 ボディは年代によっていろんな木材が採用されていますがメイプルとは違い、そこそこ音を伝達する、いわゆる「鳴る」ボディです。しかしながらシンクロナイズド・トレモロを導入したことでボディへの音の伝達が少し減っています。同じメーカのテレキャスターに比べると「鳴らない」ギターになっています。レスポール同様にハウリングが起きにくいとも言えます。
 このようにサステインに注目して比較すれば2つのギターの違いはよく分かると思います。

 レスポールはとても優等生に感じます。設計思想にまっすぐに製造された正当な楽器であると思います。

 それに比べてストラトキャスターは、面白い楽器です。シンクロナイズド・トレモロの材質、重さも音に大きく影響します。シンクロナイズド・トレモロの機構の為に裏にスプリング(バネ)がついていますが、それが「鳴る」事が音色に反映します。バネの本数、材質で音が変わるということで、いろいろ試されています。ネックとボディを止めているネジがとまっている金属のプレートも鳴りに影響すると言われ、いろんな材質のものが存在します。
 ピックアップが3つありそのスイッチの切り替えでいろんな音がします。ハーフトーンと言われるそもそも意図していなかった音が出せたり、ピックアップ用に木材にザグリ(大きな溝)が行われているのですが、通常は3つのシングルコイルピックアップに沿って開けてあるのですが、これをざっくりと大きく弁当箱のような穴が開いているものがあります。3つの形にざぐるより簡単で、いわゆる「手抜き」なのですが、結果的にホロウ・ボディに似た構造となり、ギターが鳴る。ということで、標準的な価格のものでもこの弁当箱ザグリが採用されているケースがあります。

 それぞれに良さがあって、どちらがいいというものでもないのです。実際サステインが長すぎるというのもいい時、悪い時もあるのです。僕はレスポールの長いサステインは案外苦手でした。

 良いギターと出会えたらいいですね。正直、僕もまだ「相棒」と呼べるようなギターとは出会っていません。

Gibson LPJ Chocolate Satin
Gibson LPJ Chocolate Satin

参考価格: ¥ 90,300
価格: ¥ 57,800
OFF: ¥ 32,500 (36%)
本物のGibsonなのに安い!!!本家Gibsonが販売してる廉価モデルです。初心者がレスポールを選ぶとすれば、これに決まりという感じですね。なんてったってGibsonです。

Gibson 2008 Les Paul Standard Plus Top Heritage Cherry Sunburst【SN.102810326】
Gibson 2008 Les Paul Standard Plus Top Heritage Cherry Sunburst【SN.102810326】

参考価格: ¥ 360,150
価格: ¥ 252,000
OFF: ¥ 108,150 (30%)

Fender USA American Deluxe Stratocaster N3 HSS 3-Color Sunburst/R
Fender USA American Deluxe Stratocaster N3 HSS 3-Color Sunburst/R

参考価格: ¥ 241,500
価格: ¥ 144,900
OFF: ¥ 96,600 (40%)

FENDER JAPAN ST72 M YWH エレキギター
FENDER JAPAN ST72 M YWH エレキギター

参考価格: ¥ 71,400
価格: ¥ 57,120
OFF: ¥ 14,280 (20%)

ギター・マガジン メインテナンス・ブック―これ1冊で君のギターが目を覚ます!もっと弾きやすく, もっと良い音に!! (リットーミュージック・ムック)
ギター・マガジン メインテナンス・ブック―これ1冊で君のギターが目を覚ます!もっと弾きやすく, もっと良い音に!! (リットーミュージック・ムック)