CDソフトケース対決 MEDIA PASS vs フラッシュディスクランチ


 CD用の収納ボックス(約250枚入)に入りきらずにちらかっているCDをなんとかしようと思っていて、もっとたくさん収納できるCDラックを購入しようと思ってた。例えば、こんなの。

 そんな事考えながら「CD、収納」とかでぐぐってみたら、
 ほぼ日刊イトイ新聞 – 明日に向かって捨てろ!!
 を見つけた。これで収納すれば今のCD収納ボックスに収まるじゃないかと。ボーズさんはフラッシュ・ディスク・ランチ(直販サイト:CDソフトケース.com)を使用されてると。50枚で2000円くらいなので、もう少し安いのはないかなと探してみたら、こんなのを発見。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 黒 EDC-CME1-50D
コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 黒 EDC-CME1-50D

 MEDIA PASSのほうが若干高いけども勢いで50枚セットをamazonで発注、フラッシュ・ディスク・ランチはサンプルを無料で送ってくれるので申し込んでみた。
 手元に届いた二つを比べてみる。

MEDIA PASS vs フラッシュ・ディスク・ランチ

 左側がMEDIA PASS右側がフラッシュ・ディスク・ランチのCDソフトケース。フラッシュ・ディスク・ランチっていう商品名かと思ったらこれは会社名で商品名はCDソフトケースなんだね。
 MEDIA PASS(以下MPで)のほうは透明度が低くトレーシングペーパー的な透過率。フラッシュ・ディスク・ランチ(長いので以下FDLで。)はきっちり透明なのできれいに見えるのはFDL。自分がFDLの長所だと思える所はそれくらい。それ以外は自分にとってMPのほうが断然良いと思えた。

img_0758
裏側はこんな感じ。
img_0759

MPのほうはCDの帯を挟む所もあったり、とにかく機能的だと思う。何よりも今までのCDケースと同じ雰囲気が残る事がうれしい。こういうのは好みによってあると思う。

img_0760
 CDを取り出す為の切れ込みも入っているのでとりだしやすい。

img_0761
 FDLのほうはCDをいれる不織布が正方形でCDが全部隠れてしまうので取り出しに不安感が。とはいえこういうのは慣れなので実用上はあまり差はないと思います。
 FDLのふたの部分が、自分にとっては邪魔でした。

img_0763
 この写真はふたをしてないので余計におかしいのですが、ふたを開けたりしめたりっていう感触があまり印象がよくなかったです。

img_0765
 50枚買ってしまった事もあるけれど並べた時の見た目もMPのほうがいいように思います。

 困った事が一つ。なんかすごく楽しいので、手持ちのCDを全部このMPケースにしたいと思ってしまう。これはやばい。300枚くらい。それだけMP買う金があったら300枚収容の棚を買った方が安いじゃん。
 あぁ。なんか今、中途半端な感じだ・・・。

 これを読んだ現在検討中の方はFDLの方に悪い印象を感じたかもしれませんが、FDLは無料でサンプルを送ってくれる(CDソフトケース.com 無料サンプル)のでじっくり検討してください。このサイトを見ると、FDLを応援したくなるのだけど、自分にとってはMPのほうがよかったのでMPにしようと思います。
 今使ってる収納ケースはすごく取り出しにくいので、これを機に柔軟に取り出せる収納ケースに変更したいなとも思い始めた。
 あと、かなりお気に入りのANSWER TO THE MASTER / Impellitteri
がケースだけで中身がなくなっていてかなり寂しかった。どこにいったんだ。