DTMを始めたい人に贈る、底辺ボカロPからの助言。

 初音ミクを始めとするボーカロイドの爆発的流行で、DTMを始めたい人の「何から始めたらいいのか」「何から買えばいいのか」という疑問がネット上にあふれているように思います。
 そんな「これから初音ミク(ボカロ)を買おうかどうか悩んでる人」に向けての底辺ボカロPからのアドバイス。

 「初音ミク」や「DTM機材」を買う前に1曲作れ。

 曲を作るためにDTMの機材を買うんじゃないの?と思われるかもしれないですが、曲を作るのには機材はいらない。作った曲を人に聴かせるためにDTM機材が必要なのです。
 紙(ノートのほうがいいかな)に鉛筆(案外ボールペンや万年筆のような消せない筆記用具が創作に向いてるように思います)で、自分がわかるようにメモるのです。
 たったったったーーらーーーん。と思いついたメロディを紙に書く。これは自分がそれで思い出せたらいいのです。自分が再現できればいいのです。歌詞も同時に書けば、案外、再現性の高いメモになるのです。
 Aメロ、Bメロ、サビのメロディ、歌詞が出来たでしょうか。最初はそれでも難しいかもしれませんが、まず、自分で作曲ができなければボカロを使った曲をうpしてボカロPになるという一つ目の目標へ到達できない可能性が高いです。
 その紙を見ながらでも自分で歌えるようになれば、曲ができたと言えるでしょう。もうあなたは作曲家です。
 自分の内側(心のなか)に曲が出来て、それを外側に出す方法の一つが、ボカロを使ったDTMなのです。なんなら自分で歌ってしまうというのも手ですよ。手拍子で自分で歌って、それをうpしてみるのも手かもしれません。誰かの心に響けば、その人がDTMで完成した曲にしてくれるかもしれません。

 曲が1曲出来たよ。という人は、初音ミクを買いましょう。

初音ミク V3 バンドル
初音ミク V3 バンドル

 実は、このソフトを買うだけで基本的には揃ってしまうんですね。以前の初音ミクではDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ソフトは別途購入する必要がありましたが、このV3バンドルにはDAWソフトも含まれています。

 はい。終わり。後は自分の曲をうpできるような形にできるまでがんばってくださいね。

 DTMを始めたいが何を買えばよいか?という質問にまことしやかに「オーディオインターフェースが必要だ」という人がいますが、あれは「なければいけないもの」ではありません。初心者はスピーカーやイヤフォンから音が出てれば問題無いです。ただし、音楽制作は状況で音の大きさがすごく変わる(単音で聴いてる時とドラムやベースが入った時の音量は全然違う)ので、ヴォリュームを瞬時に変えることが出来るほうがいいと思います。マウスやショートカットでのボリューム変更ではちょっと辛いと思います。
 ボリューム変更用に外付けのUSBオーディオインターフェースがあれば便利です。(結局オーディオインターフェースが必要なのかよ。)
USB-DAC ヘッドフォンアンプ内蔵 ボリュームコントローラー FX-AUDIO- FX-M2
USB-DAC ヘッドフォンアンプ内蔵 ボリュームコントローラー FX-AUDIO- FX-M2


 FOSTEX ボリュームコントローラー PC100USB
FOSTEX ボリュームコントローラー PC100USB


 これらの機材はあくまで音を聴くためのものです。
 自分でギターやボーカルを録音する予定がある人は、入力端子のあるオーディオインターフェースが必要になります。自分で演奏しない人は入力端子のついたオーディオ・インターフェースは要らないと思いますよ。

 次に必要だと思われがちなキーボードなんですが、案外使わないですよ。キーボードで演奏できない人は無理に買わなくてもいいですよ。メロディやフレーズの確認に音が出るキーボードがあると便利ですけど。


KORG コルグ シンセサイザー/ボコーダー マイクロコルグ MK-1 microKORG
KORG コルグ シンセサイザー/ボコーダー マイクロコルグ MK-1 microKORG


 こういうアンプに繋がないと音が出ない機材を買いだすと、ミキサーが必要になったりと結構たいへんになりますね。なので、僕がおすすめするのは、おもちゃのキーボード。


CASIO ミニキーボード 32ミニ鍵盤ブラック&グリーン SA-46
CASIO ミニキーボード 32ミニ鍵盤ブラック&グリーン SA-46

参考価格: ¥ 5,775
価格: ¥ 3,280 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,495 (43%)

 おもちゃと言ってもいい、小さなキーボードです。PCにはつながりません。これでメロディーやフレーズを確認して、実際にはマウスで音符を置いていきます。僕はずっとそのように作業していました(この製品とは別のキーボードですけど)。
 これ単品で音が出ますし、電池で動作するから作曲の時もPCの前に座らなくてもいい。ベッドの上でノートとこのキーボードだけで作曲できます。そういう時間が一番楽しいとも言えます。
 ※実はこういうおもちゃのキーボードから出る音を「マイクで」録音して加工して使うというのも面白いんです。(DAWの扱いに慣れてからですけど)

 そうですね。初音ミクを買う前にこのキーボードを買って、作曲、音楽を楽しめるかどうか、自分を試してみたらどうでしょう。

 では、まとめ。
 「これから初音ミク(ボカロ)を買おうかどうか悩んでる人」に向けての底辺ボカロPからのアドバイス。
 初音ミクを買う前に、おもちゃの小さなキーボードを買って、1曲、自分の曲を作ってみる。それが出来たら、初音ミクを買えばよい。

CASIO ミニキーボード 32ミニ鍵盤ブラック&グリーン SA-46
CASIO ミニキーボード 32ミニ鍵盤ブラック&グリーン SA-46

参考価格: ¥ 5,775
価格: ¥ 3,280 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,495 (43%)