カテゴリー別アーカイブ: 洋裁

趣味のはなし

 1年ほど前から洋裁を始めて、ひたすらシャツ、ジャケット、コート、パンツと作り続けている。不思議なことに飽きない。
 子供の頃から、いろんな事に手を出してはすぐに飽きるということを続けていた自分としては不思議に思う。
 音楽もずっと続けていると言う割には、あまり練習をしない方だったし、作曲もよっぽどモチベーションが上がらないと作り上げることができなかった。どんな趣味でも1日中やっている。なんてことはなかった。写真だって週に一回、1時間程度散歩して写真を撮るくらいだった。
 しかし、洋裁はずっと続けていられる。土日は朝から晩まで。平日も会社から帰宅して、自分の時間はすべて服を作っているという状態だ。
 パンツを縫うのは楽しくない。シャツが一番楽しい。会社に来ていくワイシャツを作るのが楽しい。イオンのパンドラハウスで2mで1000円くらいの安い生地、芯地は30cmくらいで250円くらい、糸も250円くらい。合計1500円でワイシャツが1枚出来る。と思えば安いのだけど、実はボタンが高い。というかボタンくらいはいいボタンを使いたいのでいつも通販で買っている。ボタンだけで1000円くらい。材料費が合計2500円くらい。
【肉厚高級】17型高瀬貝ボタン10mm天然貝ワイシャツボタンに(厚み約2.5mm)
【肉厚高級】17型高瀬貝ボタン10mm天然貝ワイシャツボタンに(厚み約2.5mm)


【肉厚高級】17型高瀬貝ボタン9mm天然貝ワイシャツボタンに(厚み約2.5mm)
【肉厚高級】17型高瀬貝ボタン9mm天然貝ワイシャツボタンに(厚み約2.5mm)

この本を見ながら作っています。
男のシャツの本
男のシャツの本

「男のシャツの本」のドレスシャツは裾のカーブがキツすぎて縫うのが難しいこと、腰の切れ込みが随分高いところまであるせいでシャツが少しズボンからはみ出した時に腰の切れ目が外に見えてしまうことが多いので、自分が持っている鎌倉シャツの裾のカーブを書き写して作っています。