デジタルカメラのブレークスルーは2019年。

 ここのところデジタルカメラは技術的に停滞期に入っている感じですね。2019年にfoveonの特許が切れるのを待って、多層センサーを使ったデジタルカメラを出そうと考えているのではないでしょうか。特に日本のメーカはそんな雰囲気を感じます。
 スマホ用のカメラは、モノクロセンサーとカラーセンサーのハイブリッド技術が流行っていますね。これは目からウロコが出るようなアイデア技術だと思いました。モノクロセンサーのデジカメ欲しいですよ。Leica以外は出さないんですよね。
 多層センサーのうちの1層をオートフォーカスに使うという特許を出願しているメーカもあるようです。
 以前から思っていましたが、カメラ関係の特許は、ユーザーからするとあまりメリットを享受できないことが多い気がします。特許なんか無くしてしまえと言うと暴言でしかありませんが、foveonの特許の件にしてもなんともむずむずする感じがします。

 良いカメラが出るといいですねぇ。でも良いカメラは軒並み価格が高いので、私には手を伸ばすことさえできそうにないです。

 そんな私はしばらく写真を撮ってないです。