VRで視力が回復すると言う噂。

※このエントリは医学的知識のない素人が妄想を並べているだけですので、内容に関して全くウソ・デタラメである可能性があります。内容を読んで真似しようという方は、ご自分の自己責任で行って下さい。

 以前にも言及しましたが(視力回復には「ピント調整」よりも「寄り目かどうか」のほうが重要かもしれない。 – グーパンチドットネット)、VRをしばらく使っている人の中から視力が回復したと言う経験談がいくつかあがっています。
 VRを使っている状況は

 ・寄り目ではない。
 ・ある程度遠くを見ている。

 視力回復効果があるとされる3Dステレオグラムを見ているのと同様の状態になります。特筆すべきなのはその時間が非常に長いと言うことです。ゲームをしていれば数時間もその状態が続けられます。3Dステレオグラムの本を3時間も眺めたり、遠くの風景を3時間も眺め続けることができる人はいないと思います。その点でVRのゲームというのは視力回復に効果が高いと言えるかもしれません。

VRを5ヶ月毎日続けて視力が回復  詳しく話を聴いてみた | Mogura VR – 国内外のVR/AR/MR最新情報
 こちらの方は0.3から1.0へ視力が回復したとのこと。
 私が現在実験中の視力回復方法でも、0.5くらいから1.0まで視力回復しています。
 度のゆるいメガネをかけると視力は回復するのか?実験中。 – グーパンチドットネット 
 このレベルの視力回復は「仮性近視」が改善したと私は推測しています。長い間遠くを見ることで視力回復する。のと同じ理屈です。
 近視の人の多くは軸性近視と仮性近視を併発していると思われます。そして、この仮性近視の分は視力回復トレーニングで回復できる範囲ではないかと私は予測しています。

VR機器の長期使用によって起こる様々な身体的異常まとめ【実体験】
 こちらの方は「一時的に」回復する。おっしゃっています。普段-5.00のメガネをかけていらっしゃるということなので、一時的な回復後にメガネをかけてしまうので、視力が元に戻ってしまうのではないかと推測します。視力が回復した状況をキープするようなゆるい度数のメガネをかけたらいいのではないかと思います。
 視力は日々、上下していると思います。メガネは視力が上がった時にそれを抑え込んでしまうように思います。水晶体の調整能力が一時的に向上して視力が上がった時にメガネは抑え込むように働くので、どんどん眼軸が伸びてしまうのではないでしょうか。

VRは乱視を改善するのではないか?

先日スマホを買いまして、私もYouTubeの3Dムービーを閲覧して見ました。VRゴーグルはなかったので、手で持って平行法(一度遠くを見てからスマホの画面を見る感じです。)を使って3Dを楽しんでおりました。15分程度見たくらいで、後頭部に違和感を感じました。乱視補正の入ったメガネをかけて頭痛になる時と同じ感じです。その時は、それでVRの動画を見るのをやめました。いつもなら後頭部の違和感を感じるとそのまま頭痛になり3日間頭痛が続くのですが、数時間後、寝る頃には後頭部の違和感はなくなっておりました。
 翌日、車を運転していると、いつもと違う感じがしました。いつもは少しぼやけて(重なって)見える遠くの看板がはっきりと見えることに驚きました。乱視が改善されていると感じました。
 後頭部の違和感といい、翌日の乱視の改善といい、VRの視力回復効果は乱視に関連するものではないかなと推測しています。平行法で乱視が治る的な記事もネット上にありました。
 VRの視力回復効果にがぜん興味が湧いてきたのでVRゴーグルをAmazonで発注しました。

EchoAMZ 3D VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 (ブラック)
EchoAMZ 3D VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 (ブラック)

 翌日、ゴーグルが届きましたが、最初からスマホを止める蓋の部分が割れていました。交換できないので返品を行いました。

 ゴーグルで頭に固定するよりも、手で持って平行法で3D画面を眺めながら、スマホを少し動かしたり、傾けたりすると目に普段と違った力がかかるように思います。これらの普段使用していない筋肉が使用されることで視力が回復するかどうかはわかりませんが、ちょっと試して見る価値はあるかなと思い、しばらくゴーグルは買わずに手で持ってVR動画を見て見ようと思います。

 ちなみに私がVRで見ている動画はこちらの動画です。

 ジェットコースターなどより、落ち着いて見ることができて楽しいです。

 視力回復も、様々な手法が発見され、希望の光が見えてきたように思います。

 「伸びた眼軸は戻らない」が定説なのですが、「眼軸が伸びていても目の調整力はかなり柔軟で眼軸の伸びをカバーできるのではないか」という可能性を語れるようになってきたように思います。

 引き続き、視力回復に努めていこうと思っています。