Nikonのフルサイズミラーレスのスペックを妄想する。

 ニコンのフルサイズミラーレスカメラの開発が発表されました。
Nikon | ニュース | 報道資料:新次元の光学性能を追求した、新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズを開発

 新マウント採用ということで、ニコンの本気を感じますね。
 わざわざ「新マウント採用の」と掲げるわけですから、現在のFXフォーマットをそのままミラーレスにするだけじゃ「フォトグラファーの皆様がこれまで以上に多彩で豊かな表現力を発揮」することは出来ないはず。
 新マウントを採用するための新センサーを予想してみたいと思います。
 画像を見たみなさんが「マウント径が大きいぞ」とおっしゃっているので、それも含めて大胆に予想(妄想)してみたいと思います。

 ズバリ、ニコンのフルサイズミラーレスに搭載されるセンサーは6:5の新フォーマットだ!(妄想です(笑)。)

 FXフォーマットの横幅36mmはそのままに、縦方向のサイズを24mmから30mmへサイズアップします。これで6:5になります。センサーの外周円のサイズが43.3mmから46.9mmに大きくなります。理想としては正方形にしたいのですが、そうするとセンサーの外周円のサイズが50.9mmまで大きくなってしまいます。6:5という今までにない比率でありながらも、センサーの外周円のサイズをさほど大きくする必要がない、程よいサイズ感ではないでしょうか。

 今回、新しいカメラを作るのですから35mmフォーマットに拘る必要はないのです。一回りセンサーサイズを大きくするかなと思っていたのですが、「フルサイズミラーレスカメラ」と書いてありますから、フルサイズなのでしょう。今まで多くのカメラマンが慣れ親しんできた画角、レンズの焦点距離などの「感覚」が全く無意味になってしまうのは抵抗がある。

 「でも、でも、でも、中盤カメラと勝負できるものにしたい。」って思いますよね。

 そこで、横幅36mmを残すことで、35mm換算みたいなカメラ世界の共通語を残しつつ、縦方向を伸ばすことで比率をスクエアフォーマットに近づけローライ版的な新しい世界観を提供する。

 どうですか?面白いフォーマットだと思いませんか?

 このフォーマットなら 「フォトグラファーの皆様がこれまで以上に多彩で豊かな表現力を発揮していただけることをお約束」出来るのではないでしょうか。

まぁ、現実的には4:3かな?(36mm x 27mm)なんて思ってますけど。

久々にワクワクしてきましたよ。

と、書いてから、報道資料をちゃんと読んでみたのですが、
「新マウントを採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)センサー搭載のミラーレスカメラとNIKKORレンズの開発を進めています。」
って書いてありました。

 あぁ、ニコンFXフォーマットって書いてある・・・・センサーサイズはFXフォーマットってことですね・・・・・。

全く、的外れな記事となってしまいました・・・まぁ、いっか。